マジックカードAMAみなさんこんちには!のじまきです!

先日再入荷いたしました「マジックカードA.M.A」ですが、私が昔売り場で実演をしていた際に、ちょっとした手順を創って演じておりました。この手順を原案者である本宮晃氏にお話ししたところ、発表の許可を得ることが出来ましたので、説明書にはない、18番目の手順として紹介しようと思います。

以下、手順の紹介になります。
※AMAをお持ちの方にだけ分かる程度に伏せ字にしてあります。
現象は、2人の選ぶカードをメモ帳に予言として書いてみせるというものです。AMAのデックの他に、赤と黒のボールペンをご用意下さい。この2本のボールペンの芯を入れ替えます。

まず、1人目の観客に1枚選んでもらいますが、その前に、メモ帳を取り出し、赤いボールペン(実際には黒のインクが入っています)を取り出し、観客に見せないようにFブロックの内の1枚のカードの名前を書きます。そして、メモ帳を4つ折りにして、テーブルの中央に置きます。

そして、カードを選んでもらいますが、SSSSブロックから選んでもらいます。そのカードは、観客のポケットなどにしまってもらいます。このときに、SSSSブロックの原理を用いて、1人目のカードが何であるか、判断します。

次に、2人目にカードを選んでもらう前に、またメモ帳に予言を書きます。今度は、黒いボールペンを取り、1人目の観客のカードの名前を書くのです。先ほどと同じように4つ折りにして、テーブル中央のメモ帳の上に重ねます。

そして、2人目の観客に1枚カードを選んでもらいます。もちろん、Fブロックから選んでもらうようにします。

あとは、予言のメモ帳を開いて、ドラマチックに演出して下さい。

ボールペンを2色使ったのは、手順中、メモ帳をすり替えるのですが、どうにか改めをしておきたいと考え、この方法に落ち着きました。

よろしければ、お試し頂ければと思います。