のじまきです。

昨日、あるお笑い番組に、モノマネの花香芳秋さんがネタを披露されておりました。

いつみても哀川翔のモノマネは最高です。他のネタもものすごく似てるんですが、たまに似すぎていて、笑い声ではなく歓声が上がることも。

ふと、モノマネのあるべき姿は、「笑い」とは違うところにあるのかな、と思いました。

ただ、その人の仕草、口調をトレースするのは、よほど観察眼が無ければ出来ないと思いますが、それだけでは観客からリアクションを取るのは難しいのでしょう。

僕はマジックにおける究極のリアクションは「拍手」でも「歓声」でも「笑い」でもなく、「絶句」だと思っています。

確か、ユージン・バーガーも同じような事を言っていた気がします。

不思議な現象を見せられたら、だれだって固まるでしょう。

しかし、会場が静まりかえってしまってはいけませんから、ギャグや、気の利いた一言を放ち、観客をリラックスさせるのです。

その前に、まずは観客を「絶句」させてみたいなあ。

そんなことをお笑い番組を見ながら考えてしまいました。