ただいま27日の発送に向けて、インプレッション4th映像編集中の、のじまきです。

毎月のmMLの編集と違い、インプレッションのシリーズは構想から解説までほぼ全て自分でやっておりますので、編集もスイスイと進む、はずもなくヒイヒイ言っております。

ご予約を頂きました皆様の為にも、良い映像に仕上げたいと思っております。

ところで、今回は輪ゴムとコインということで、カード以外の内容となっております。

特に輪ゴムは、僕の中でパケットトリックと並ぶくらい好きなジャンルの1つです。

輪ゴムマジックの醍醐味は、現象を起こすときには、ほぼすべての仕事が終わっている所にあると思います。

例えば、古典名作の「ジャンピング・ラバーバンド」で言うと、輪ゴムが反対の指に移る頃には、もう手を開くだけの状態になっています。

問題は、どうやって、観客に悟られないようにセットアップを行うかです。

準備したことが観客に悟られた瞬間に、それはマジックではなく、面白い動きをするアヤトリになります。

輪ゴムマジックは、セットアップまでが上手くできるかどうかで、不思議さが大幅に変わると思います。

一番無難な解決策は、テーブルの下で準備してから実演することでしょうか。

しかし、単発ならまだしも、これでは手順として演じることは出来ません。

そこで、いかにセットをシンプルにするか。

いかに日常の動作にとけ込ませるか。といった問題にあたります。

本当はこういった部分も、DVDの中で触れていきたいのですが、収録時間の関係上、カットしております。

自分なりの具体例は(ベストかどうかはともかく)、DVDの中で紹介しておりますので、是非ご参考にしていただければ幸いです。

次回から、輪ゴムやコインマジックについて、DVDでは紹介出来なかった内容を紹介していきたいと思います。