ターベルコース3巻収録

「ワイワイワーイでラムを飲め!」

というタイトルの響きが好き。

こんちには。のじまきです。

僕は、何か思いついても、メモをする習慣が無いので、後で思い出せなくて困ってしまうことが多々あります。

去年辺りから、ブログ上で、一応形になった作品の概要を書いたりしていますが、本当に役に立ちますね。完全に忘れていたアイデアも見つかったりして、書いてて良かったと思いました。

最近、いろんな人のファイン・メッシュを見る機会があり、少し凝り始めています。

mML14号にも収録されておりますので、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、複数枚のカードバニッシュというテーマにおいて、トップクラスの合理性と鮮やかさを兼ね備えた傑作だと思います。

自分なりのバリエーションを作ってみようと色々と試してみた結果、何故かレギュラーデックで行えるようになりました。

元々はジョーカー3枚で行う手順のところを、4枚の絵札で行うので、手順上、多少マークの矛盾が起こりますが、実践では、許容範囲内ではないかと思います。

原案では、手順の後半で何故かジョーカーが1枚だけ消えるパートがありますが、その部分は、レギュラーならではの演出で、理由付けが出来る事にも気がつきました。

しばらくは、このテーマで結構いじるんじゃないかと思います。

まだ人に見せていないので、色々とデータを取ってみたいと思います。