こんにちは!のじまきです。

皆さんは、マジックの練習はどのようにしていますか?

僕は仕事場や通勤途中などでもくもくとやったりするのですが、練習を1人でしていても、今どの程度まで上達したのか良く分かりませんよね。

そもそも不思議に見えるのか。自分の個性に合っているか。変なクセが付いていないか。
これらは大切なことですが、残念なことに自分ではなかなか判断出来ないものです。

特に僕はアイデアが先行するクセがあり、パフォーマンスに関して気が回らない部分が多々あります。

というわけで、客観的なアドバイスがもらえる「ともの会EX」に出来るだけ参加するようにしています。

なんだかんだで、6,7年くらいは通っていると思います。

この会に参加することで、レパートリーの内容が劇的に変わりました。

仕事でマジックをする時など、ともの会EXで直してもらったトリックを演じると、他のトリックよりも良い反応を示してもらえます。
ともの会EXに参加して良かったと思える瞬間です。

ともの会EXの最大の特徴は、その時に演じた映像がもらえることでしょう。

まず、その場でゆうきさんや庄司さんにアドバイスを頂き、その後映像を見てどこがいけなかったのか、復習するという、2段構えで学べるのです。

しかし、自分の演技を見るのって、変なホラーより怖いですね。
特に変なネタをやってしまった回は、罰ゲームかと思うくらい恥ずかしい。

---------------------------------------------------------

という長い前振りを踏まえた上で本題です。

先日、部屋を片付けていたら、3年ほど前のともの会EXの映像が出てきました。

まあ、見ますよね。

3年くらいなら、今とそう変わらないだろうと思っていました。再生するまでは。

なんか、動きが速い。速いけどキレがない。すごく忙しそう。

自分で演技スタイルを変えたつもりは一切無いのですが、なんでこんなに違うのだろう。

残念なことに、見つかった映像はこれだけでしたので、いつからこのスタイルになったのか分かりません。

先日、友人にこの話をしたところ、「いや、野島君はある時突然スローテンポになったよね。」と言われました。

しかし、3年前でもこれだけ違うのですから、それより前になるとどんなことになっているか想像もつきません。

これ以前の映像もどっかにはあると思うのですが、当時はVHSだったので、どこにあるか…