こんにちは!
monthly Magic Lesson の野島&佐藤です。
mMLショッパーズトップページへ

★【明日、20:00予約販売開始!!「The Psy Deck」】

予約者限定特典といたしまして、
「新沼研&野島伸幸によるPsy Deckを使った2手順のボーナス原稿」
をプレゼントいたします!

★【あさって17日(土)新入荷予定商品】

明日16日(金)は、「The Psy Deck」の予約販売のみのご案内となります。

毎週金曜日に行っております新商品更新は、翌日17日(土)の午前中に行う予定です。

ちなみに、以下の商品のご紹介を予定しております。

●Crossover(新沼研氏、最新カードマジック小冊子+初回生産限定ボーナスルーティーン)


●リマッチ(ケイレブ・ワイルズDVD+mML特製日本語補足書)

それでは、mML独占販売新商品1点を案内いたします!

****************************************************************************

●○●mML独占販売商品ご紹介!!○●○

psy-deck
【独占販売!】The Psy Deck(サイデック)〜200個のみの完全限定商品です!〜


マジックの本質は、不思議にあります。
(その本質が、イコール「最重要のファクター」であるかどうかは、価値判断として
人によりさまざまな意見・考え方があるでしょうが……)
しかし、マジックを長いことやっていると、知っているトリックや手法の知識が増えていき、
それに反比例するように、目の覚めるような不思議には、なかなかお目にかかれなくなって

しまうものです。
ですが時として、圧倒的に不思議なマジックを見せてくれて、そんなもやもやとした閉塞感を
こともなげに吹き飛ばしてくれる……そういう人物が、ごく稀にですが存在します。
齋藤修三郎氏は、まさにそんな稀有なマジシャンの1人です。

齋藤氏は、ディープなマジック・マニアの世界では有名なマジック研究家であり、
あのMadBookをプロデュースされた方でもあります。
(これは、2010年5月に発売し、大きな話題となったブックテスト。考案は後藤冬樹氏。

予約開始後わずか数日で完売、現在では入手不能の幻の商品です)
また、弊社刊行の「奇術探究 第4号」にもオリジナル作品をご寄稿いただいています。

その齋藤氏の新作が、このThe Psy Deckです。

このマジックも最初、実際に直接見せられたときに、まあ途方に暮れたものです。
基本的にはカード当てなのですが、印象としては……
こちら(観客側)でまったく自由に選んだカードを、こちらでまったく自由な位置に戻し、
さらにこちらでよくシャフルしたにもかかわらず……
齋藤氏は、そのカードをズバリ当ててしまったのです!

その手続きがあまりにもフェアだったので、まずデック自体になんらかの仕掛けがあるのでは
ないかとも疑いましたが、手に取ってよく調べても怪しいところがまったくありません。

どう見ても、54枚が揃った、単なる普通の一組のトランプです。
それに、そもそもカードを選ぶ時点で齋藤氏はこちらを見ていませんでしたから、たとえば
仮にマークトカードだったとしても解決にはならないのですが……
また、カードは観客の手でもシャフルされていますし、怪しげなセットアップの気配なども
一切、見当たりませんでした。

まさにノーウェイ、一切の手がかりなし。
なんでこんなありえないことが可能になるのか、それ自体がありえない、でもありえてる……
思考は堂々巡りを繰り返すのみ。
何をどう考えたらいいかすらわからず、まさに五里霧中、危うく本物の魔法なのではないか、
この人は本物の魔法使いなのではないか、と信じてしまうところでした。

そのThe Psy Deckが、いよいよ発売。
極上の不思議を、皆様にもお届けいたします。

ちなみに、数量200個のみの完全限定販売です。
売切れ次第、販売終了となり再入荷の予定はございませんのでご了承ください。
解説書は、シリアルナンバー入りでお届けいたします。
他店では売っておりません……当mMLショッパーズのみでの発売となります。

なお、このThe Psy Deck、トリックを知った時にも唸らされました。
正直に言って「これは分からんわ〜」という感じです。
「画期的な新原理」だと思いましたが、じつは、逆にものすごく古くから存在はしていた
アイデアなのだそうです。
私も知りませんでしたし、現在のマジシャンにとってはほとんど知られていないはずです。
(さすがに石田隆信氏はこの原理をご存知だったようです……まさに「さすが」です)

と言うのも、その原理を活かすための素材自体が現代ではあまり一般的でなかったためで、
まさに「忘れられるべくして忘れられた」幻の名トリック……
それに、新たな発想を加えて現代に甦らせたのが、このThe Psy Deckなのです。

用具としての特徴は……

●ある巧妙なトリックが、デック自体に仕込まれています。
※単なるレギュラーデックとアイデアを販売しているわけではなく、このデックを
使用しないと演じられない特別なマジックを、用具付でお届けするものです。

●ただし、素材自体の特性がそのままトリックとして使われているために、
カードを手に取って調べて分かるような特殊な仕掛けがあるわけではありません。
※用具を観客に手渡して調べてもらっても、実際上なんら問題ありません。
「ある着眼点」を知らない人がいきなりトリックに気づく可能性はほぼ皆無でしょう。


●そのため、添付の「トリックデック」は、レギュラーデックとして何の問題もなく
そのまま使用することができて、一切の違和感がありません。
※たとえば「ストリッパー」「マークト」「プロトン」など、レギュラーとしても
使える、と謳われるデックでも、実際には使い勝手が違ったり、仕掛けが気になったり

するものですが、これに関しては、まったくそのような点はありません。

すなわち、レギュラーデックを使ったマジックを得意とされている方でも、
この奇跡をレパートリーの一部に容易に組み込むことが可能なのです。
いくつかのマジックを続けて演じることが多い方には便利なアイテムです。

そして、アイデアは使い方次第、ということで、解説書が重要……
冊子形式の充実した説明書が添付されていて、その中で、多数の手順・アイデアが、
丁寧に詳細に分かりやすく解説されています。
原案者、齋藤氏による4作品(基本手順、プラス3種類の応用手順)に加えて、
大原正樹氏(「大原のこだわり」等で有名な気鋭の研究家です)による使用法が4項目、

さらに、あの石田隆信氏がこのトリックを歴史的に概観・考察したコラムが含まれます。

また、The Psy Deckは基本的にカードテクニックを使用せずに演じることができますが、

ある種の技法を併用するとより完璧になるため、その技法についても詳しく
解説しています。

★加えて、発売前に事前予約いただきました方のみの特典といたしまして、
A Study In Secrets主宰・新沼研氏による手順、
および、mMLスタッフ野島伸幸の手順、
両手順を掲載した解説書も別途ご用意しておりますので、ぜひ先行予約をご利用ください。

大原氏・石田氏・新沼氏には、この場をお借りしまして御礼申し上げます。
ご協力いただきまして、ありがとうございました。
そのほか、コメントを頂きました多くのマジシャンの方にも、感謝いたします。
ご推薦の言葉の中で触れられている方もいらっしゃいますが、このThe Psy Deck、
まだまだ可能性を秘めたトリックデックだと思います。
ぜひ、これを活かして、皆様なりの「奇跡」を演出してください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆mML定期購読会員様には特別価格 3,990円(税込)でのご提供です!!
※ショッピング会員・非会員様は 4,200円(税込)です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

****************************************************************************

以上、お知らせでした!