こんにちは!のじまきです。

告知がギリギリになってしまいましたが、12月16日(日)に、駒込マジックルームにて、レクチャーを行います。

どの作品を収録しようか、ギリギリまで悩んでいました。

いつもの通り、前半の1時間は新ネタや、未発表のネタを中心にして、後半の1時間ではネタの解説よりも、理論的な部分のウェイトを多くしてみたいと思います。
というのも、前回のレクチャーで「テーブルホッピングで使えるトリックを教えて欲しい」というリクエストを頂きまして、「そういう方は他の講習へ行ってね!」と返事をしようかとも思ったのですが、せっかくのリクエストですので、後半で僕が一般の方に演じている手順を解説してみたいと思います。

今回のレクチャーで解説する内容は、次の通りです。

・クレイジーマンズハンドカフのバリエーション1(仮題・未発表)
お馴染み、クレイジーマンズハンドカフの手順の中で使える方法です。輪ゴムが外れるところを段階的に見せます。つまり、途中で2本が繋がっている状態になります。少しマニアックですが、マジックをやっていない方にも充分効果的だと思います。

・クレイジーマンズハンドカフのバリエーション2(仮題・未発表)
こちらはマジシャン向けの小ネタです。詳しくは会場で。

・割り箸の交換(仮題・未発表)
左右の手に持った割り箸が、瞬間に入れ替わります。
いわゆるパドルムーブを使わず行える即席トリックです。

・サンド&バニッシュ(仮題・未発表)
2枚のジョーカーの間に観客のカードが挟まれます。次の瞬間に、カードは消えて、デックの中に移動します。
現象だけ見るとよくあるパターンですが、特徴的なのは、観客のカードの出現と消失は全て片手だけで行われるところです。ある技法の使い方として考えたものですが、事情があって発表できないものなので、ここで紹介します。

・グラスホッパーのバリエーション(仮題・未発表)
赤い2枚のAの間に挟んだカードが、一瞬で黒い2枚のAの間に飛行します。
ポールハリスのトリックのバリエーションです。原案と違い、テーブルが無い状態で演じられるように構成しています。上記「サンド&バニッシュ」で使っている技法をここでも使用しています。

・マジックバー時代にやっていた手順
エースオープナーから始まる、テクニカル&ビジュアルな印象を与える全4段のカード・ルーティンです。前回参加者から「テーブルホッピングで使えるトリックを紹介して欲しい」との要望があり、いつもと少し趣向を変えて、僕がマジックバーに入っていた頃の手順を紹介したいと思います。ウェイトはかなり軽くしてあるので、ホッピングなどにも応用しやすいと思います。クラシカルな手順に自分なりの考えを加えて、一般を意識して構成した手順です。そのため、オリジナリティは幾分か低くなっていますが、当時の考え方も交えて解説ができればと思います。

時間が余れば他にも色々と紹介したいと思います。会場の場所や時間などについては、下記をご参照ください。

・野島伸幸クリエイティブレクチャー

★今まで見たことの無いマジックを、レクチャーします!
 未発表のアイデアや、過去に発表した作品の改良版などを中心にレクチャーを行います。まったく技法を使わない簡単なものから、マニアックな手順まで、カードマジックから、手近なものを使ったマジック、専用の道具を使うマジックなど、幅広くご紹介いたします。

 マニアックな内容と言っても、エルムズレイカウントができる、という程度で十分理解できる内容です。変わったネタをお探しの方、新しいアイデアをお探しの方、レパートリーを増やしたい方、ぜひ、ご参加ください。

●日時
12月16日(日) 17:00〜19:00

●参加費
2,000円

●会場
駒込マジックルーム
東京都北区中里1-4-6 朝日ビル304
(JR駒込駅から徒歩1分)

●ご予約・お問い合わせ
nojima@cdi.ne.jp 野島伸幸まで。
ご予約のない場合、教材をお渡し出来ない場合があります。ご了承ください。